ウォーターサーバーを選ぶ時の指標。ウォーターサーバーの選択は何を基準にするのか

ウォーターサーバーは様々な業者から出ていますが、その中から最も相性の良い所を選択する事が望ましく、選択時の指標としてはサーバーの種類、水の種類、ランニングコストやサービス内容と言った点を複合的に判断する事が有効です。

 

その上で比較検討を行って、選択出来ると導入後も納得出来るサーバーと付き合いながら生活する事が出来ます。

サーバーの種類について

ウォーターサーバーを使う事で安心して美味しい水や湯を何時でも確保出来る利点があり、普段からスーパーやドラッグストアにミネラルウォーターを購入するという労力負担等を省ける事も有効です。

 

サーバーには色々な種類があり、大きく分ければボトルタイプと自動給水タイプがありますが、日本国内で普及しているのはボトルタイプであり、必要な水を購入して水宅配で業者から持ってきてもらう事が一般的になります。

 

ボトルタイプの中でもボトルを回収してくれるパターンもあれば、使い捨て可能なものもあり、こうした使い方のチェックを事前に行っておく事も必要です。

 

自動給水タイプの場合は水道に取り付けて、蛇口を捻れば綺麗で美味しい水を確保出来るシステムもあり、初期設置工事が必要になりますが、その後はメンテナンスを定期的に行って、普段の水道代だけで利用出来るものですから、水が無くなってきた時に注文するという手間暇を省けるのも大きな利点になります。

 

ウォーターサーバーはさらに細かく分けていくと、設置する時に卓上タイプのものもあれば、床置きタイプや移動自由なものもあり、ライフスタイルに応じて選択する事が望ましいです。

 

選択したサーバー業者によって扱える水が違うという事も考慮して、サーバーの選択を行うと納得出来るものを使う事が出来ます。

水の種類によって効果効能が違う

ウォーターサーバーでは選択する業者によって扱っている水が違っており、大きく分ければROろ過水と天然水に分かれているのですが、ROろ過水の場合は多くの業者が扱っていて、この水は不純物を限りなく取り除いた安全な水です。

 

小さい子供や学生、労働現役世代、高齢者と様々な方に馴染む水でもあり、癖も無い味で最も幅広い層が飲める水とも言えるのがROろ過水になります。

 

天然水に関しては取り扱っている水が業者によって違っており、天然水の特徴としては採水地によって全く味や栄養分の個性が変わるものです。

 

最も重視したい点としては、乳幼児には天然水の栄養分や細菌を消化する為には臓器に負担がかかり、家族構成によっては天然水の選択は相応しく無い事もあります。

 

赤ちゃん用にウォーターサーバーを設置する家庭も増えているのですが、赤ちゃんに天然水を飲ませる場合は、赤ちゃん用と名言した特化した天然水があり、これは赤ちゃんでも妊婦でも高齢者でも飲む事が出来るタイプの天然水です。

 

大人の場合は天然水は美容面に有効な側面があり、ダイエット中に栄養補助的に天然水を飲む事でダイエット効率を高めたり、美容や健康にも有益な点もありますから、天然水選択の時には家族構成や目的に応じて選択が必要になります。

 

他にも水素水を作れるウォーターサーバーもあり、水素水は活性酸素除去効果の高い水として知られ、高濃度の水素水を生成出来るサーバーもありますから、疲労回復や老化予防効果に期待出来る水として選択も有効です。

ランニングコストを考慮した情報収集でサーバーを決める

気に入ったウォーターサーバーを情報収集から見つけても、ランニングコストの維持が出来なければ問題ですから、レンタル料金や月々負担額、メンテナンス料、水の購入費用等も含めてチェックする事が必要です。

 

月々に負担できる金額を把握した上で、サーバーや水の種類の選択が必要であり、チェックリストの中でも金銭面は最大の影響力を持つものです。

 

維持出来る範疇の中で最もライフスタイルに適したサーバーを選択し、必ず他社製品の比較検討を行った上でサーバーを導入する事が必要になります。

 

業者によってウォーターサーバー利用時のサービスやルールが違う面も大きいですから、メンテナンスがどれ位の頻度で行われるのか、またメンテナンスは製品分解して細かく行なったり、費用はかかるのか等を確認しておく事も必要です。

 

水の注文方式も業者によって違う面もあり、必要になる度に必要な分量を注文したり、定期サイクル便等で期間が経てば自動的に水が運ばれてくる注文も出来ますが、水のチケットをまとめ買いしてお得な料金で水を確保する方法もあります。

 

最近ではインターネット経由で注文も簡単行なえるシステムが構築されていますから、水が必要になれば何時でも注文可能ですが、こうした水の購入方法等も業者毎に確認した上でサーバーを決定すると良いです。

 

サーバーや水の種類、ランニングコストやサービス内容等の情報収集を行ってから、利用する製品を決定するとサーバーが導入された時だけではなく、使い始めてからも納得出来る可能性が高くなります。

関連ページ

ウォーターサーバーのあり方
昔のサーバーというと水道と接続するものが主流でとてもサーバーといえるものではありませんでした。現在はそのイメージも変わり設置している家庭も増え続けています
厳選サーバー4種類
当サイトおすすめのウォーターサーバーを紹介します。もちろんコスモウォーターもありますがユザー目線で選んだものが中心です
ウォーターサーバーのパイオニア
コスモウォーターは機能と品質で人気の高い商品です。まずはウォーターサーバーについて理解を深めましょう
コスモウォーターをしっかり説明
ウォーターサーバーの意味からコスモウォーターの優れた点までしっかりと説明します
ウォーターサーバーのある生活
特に夏のシーズンなどは便利なウォーターサーバーですが、カップラーメンや赤ちゃんのミルクを作ったりでも活躍します
忙しい主婦の方に
家事に育児に忙しい主婦の方にこそウォーターサーバーの便利さが伝わると思います