様々なウォーターサーバー

ウォーターサーバー

当サイトでいう「ウォーターサーバー」とは、これまでの旧式である水道水の蛇口などへ高額な値段で取り付けたりして、電源を入れて水を浄化・冷却して使用していくカタチのものとは異なり、メーカー各社が開発・製作をした専用のレンタルや購入などのカタチでの販売がされているミネラル水や天然水などを扱う機械類の事を指す言葉となっています。

 

それらの水を入れたボトルを取り付けて機械本体の電源を入れ起動させ、冷水と温水のカタチで簡単に汲み出すことが可能な仕様となっています。

タイプは2種類

そして大きく分けてスタンドタイプと卓上タイプのものの2つの仕様のものが存在しており、一般的にはそれらのカタチで市場へ出されているような状態です。

 

前者のタイプは、部屋や屋内の隅などに置いたりして高さが床から大体1m40、50兌紊梁腓さであり、女性や幼いお子さん、高齢者の方にも使いやすい仕様になっています。

 

そしてもう一つの後者のタイプのものは、テーブル上に置いたり出来るものであり、大きさもコンパクトな分持ち運びなども大変便利であり野外などでも発動機や大型電池モーターなどがあればそれとコード類で連結をさせて電源を入れたりして使えますのでとてもありがたいアイテム仕様です。

 

このように、大きく分けて2つの仕様のタイプが現在のサーバーにはあります。

ウォーターサーバーを扱うメーカーについて

そして、このサーバー類を扱うメーカーは日本国内においても大変多く、それぞれ扱う商品のお水類の商品にもこだわりがある傾向があります。

 

現在何十社といった多くのメーカーが存在しているような状態ですので、まずはそれらの中から幾つかのメーカーのものについて触れてみます。

 

まずはアサヒ飲料社ことSUNTRYが扱っているサーバーについてですが、やはり国内の指折りの飲料メーカーなだけあってそのサーバー本体の造りはもちろんのこと、静岡県内の富士山の麓から湧き出る天然水を使用し、ほぼそのままの状態でのボトル配送(1つあたり4.5Lくらい)を行って1つ辺り1900円台で、サーバー本体のレンタル代などはただで提供するといったサービス振りです。

これなどはあまり収入などが多くは無い一般家庭世帯などにとっては大変助かる面もありますが、利用期間が1年毎に更新であり、その途中で解約をしたりすると1万円程度の解約料が発生するなどのペナルティもありますので、事前に商品内容を確認したりしておくことがとても大切です。

 

次にアイディ−ルウォーター社が扱うサーバーに関してですが、こちらもサーバー本体のレンタル料が無料であり、お水の値段や中途解約料の設定などに関しては今話したSANTRYの場合と基本的に同じような状態です。ただ、こちらの場合は利用期間が2年毎であり、さらに1年未満・1年以上・2年以下などというカタチで解約料の高さの設定が違うところなども特徴的です。

同社のお水自体は同社の所在地自体が山梨県側にあり、そちらの富士山麓から湧き出る自然水を使用しているところも特徴です。

 

3つ目は、現在の鹿児島県内にある、あのテレビCMでも有名な財宝醸造社が扱うサーバーに関してです。

 

あの同県内にある垂水市の高隈山断崖から湧き出るキレイなミネラル水を使い、それをレンタル料無料のサーバーに取り付けて提供をしていくようなカタチになりますが、このミネラル水自体が大変高級なので、お水代自体がある程度高額になる点が気になります。それでもこのお水自体は全国にある様々な高級料亭などで使用をされたりしているものですので、一度は購入したりしてみる価値はあります。

鹿児島産の焼酎類や日本酒などの原水として使用されたりしていますので、それなりに世論からの信頼は厚いようです。

 

ウォーターサーバー

そして最後に、ウォーターダイレクト社ことクリティアが扱うサーバーについての内容になりますが、実はここの場合、レンタルのものと購入のものとの2つの仕様からなる販売設定のカタチが存在しています。そして、レンタルの方は無料と有料でのそれぞれでの価格設定のものがあり、それらの中から好きなタイプやプランなどを選択する事が出来るようになっています。

 

また、同社が扱うお水に関してですが、ここのお水は本州の富士山周辺及び中国・四国地方の山岳部、九州圏内の阿蘇地方の天然水・ミネラル水その他、様々なきれいなお水をブレンドして使用していますので、こうした各地のお水を購入者の立場で飲みやすいような味覚で有機加工処理をし、提供をしている点で、大変こだわりがあるのが特徴といえます。

同社が扱うお水のあり方などは、ここでしか出来ない持ち味であるものといえるかもしれません。以上が、ここで一通りまとめてみたウォーターサーバーの現状に関しての概要のあり方といえますが、まだまだ今後も新たなサーバーやお水の商品開発などがなされていくものと思われます。